アルミニウム板のブロー成形


身近で見られる食品パッケージは樹脂板のブロー成型品です。

温めると伸びるという樹脂の性質を利用して、温めた樹脂板を

空気圧で風船のように膨らませて様々な形に成形する工法が

樹脂のブロー成形です。


この樹脂成形と同様にアルミニウム板もブロー成形できます。

これは材料がもつ超塑性という現象を利用しています。

一般的に金属材料は30%程度の伸びで破断してしますが、

条件を整えると材料が300%以上伸びる超塑性現象が起きます。

この性質を利用してアルミニウム板をブロー成形します。


当社では5000系アルミニウム板でブロー成形を行っています。


高温ブロー成形例

   


   

高温ブロー成形機

型締荷重: max 20000kN

炉内寸法: 5000×2500mm

炉内高さ: 0〜2000mm

炉内温度: max 550℃

成形空圧: max 3MPa


自社製